ザイザルジェネリック「レボリッド」通販情報

ザイザルジェネリック

ザイザルジェネリックとは、効果が長時間持続する抗ヒスタミン剤である「ザイザル」のジェネリック薬のことです。ジェネリック薬なので、本家のザイザルより価格が安いです。

ジェネリックザイザル(Levorid・レボリッド)5mg

ジェネリックザイザル(Levorid・レボリッド)5mgは、効果が長時間持続する抗ヒスタミン剤「ザイザル」のジェネリック医薬品です。

ヒスタミンH1受容体の働きだけを強力に阻害して、花粉症を含め、アレルギーによるクシャミや鼻水、じんま疹、そして、皮膚の痒み等に有効です。

アレルギー性の鼻炎や、じんましん、そして、ペットブームと共に増加している動物アレルギーの症状に優れた効果を示します。

ジェネリックザイザル(Levorid・レボリッド)は、比較的速効性が高く、服用後まもなく効果が出てきます。また、持続性もあるので、24時間安定した効果が持続します。

花粉症では、予防的に花粉の飛び始める直前から開始することにより、シーズン中の症状が軽くて済むので、花粉の飛び始める直前から使用することをオススメします。

レボリッドの効果や用法

レボリッドの効果としては、花粉症などのアレルギー性鼻炎による症状である、くしゃみ、鼻水、じんま疹、皮膚の痒みなどを軽減します。

レボリッドの用法としては、通常、成人にはレボセチリジンとして1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与します。

なお、年齢、症状により適宜使用量は増減しますが、最高投与量は1日10mgまでとします。

通常は、7歳以上15歳未満の小児にはレボセチリジンとして、1回2.5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与します。

レボリッドの副作用や注意事項

レボリッドの副作用としては、投与の翌朝に眠気や、けん怠感が残ることがありますが、副作用は少ない薬です。

重い副作用は通常ありませんが、万一、ひどい倦怠感、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる等の症状があらわれた場合には、すぐにレボリッドの服用を中止し、医師に相談するようにしてください。

注意事項としては、腎臓や肝臓に疾患のある方や、高齢の方が服用する場合は注意が必要です。

また、眠気を催す場合があるので、服用後の運転や危険な作業は控えるようにしてください。

なお、持病やアレルギーのある方や、他の薬と併用する場合は医師に相談するようにして下さい。

タイの嗅ぎ薬「ヤードム」

鼻をスッキリさせるなら、タイの嗅ぎ薬であるヤードムなんかもオススメです。ヤードムは日本のテレビ番組でも紹介されて、人気になっています。ヤードムの通販情報はこちら